おぶろぐ in Sydney

おぶです。チャイルドケアでオーストラリア永住権を目指しています。

チャイルドケア、初めてのお仕事

f:id:obu-au:20180717210716j:image

初めて!お給料いただきながら働きました!

 

人生初のチャイルドケア・カジュアルワーク。

 

いや本当は今日なーんにも仕事のないお休みの予定だったのです。

土日月と日本食レストランでの仕事だったから、今日は家事を済ませて卒業ビザの準備をするぞー!!と気合い満々、7時半に起床してたまった洗濯を洗っていました。

そんなことしている傍ら、2週間前に登録した派遣のことも若干気になっていたので、派遣会社のアプリをログオンして試しに「今日働けます」のステータスをポチッとしたのですね。本当好奇心で。

まあ木金とシフトもらってるし、まさかいきなり電話来ることはなかろう!とのんびりしてたら…

 

〜♪♪♪♪

 派遣会社から電話きたーーー(´Д` ;)

 

時刻9時35分。

「今日働けるんだよね?***というセンターが10時から人が欲しいらしいんだ。電車の最寄り駅から歩いて2分だから今から家を出れるかい?」

***というセンター、うちから電車で30分かかるところにあります。

ん?いや10時からとか無理やん!

「働けるけど10時には間に合わないですよ」

と言うと、間に合わなくてもいいよ、着いた時間から5時半まで働いてね!とのこと。

 

10時半到着、働いてきました。今日は2−3歳児の担当でした。緊張した〜。

 

カジュアルワークでやることは実習とほぼ変わりないな、というのが初仕事の端的な感想です。

子どものスーパバイズ、クリーニング、iPadで子どもの活動を写メる(日々の活動を保護者の方にお伝えするために必要)…ざっと今日やったことはこんな感じ。いわばペーパーワーク以外の雑用です。

初めて行くセンターはルーティンを追いかけるのに必死&子どもと先生の名前があやふやで分からないので、どっと気疲れしました。

 

私の行ったルームではグループタイムの時間にスペイン語を教えていました。

4はクァットロ、水はアクア。ちゃっかり覚えてしまった。

小さい頃からいろんな文化に触れられる。こういうところって多文化社会の強みですよね。だから私はオーストラリアが好きです。

 

あと先生たちも優しかった〜!←1番不安だったところ。

今日行ったセンターの先生たちはみんな子どもとの関わりを大切にしてて、見ていて参考になるところが多かったです。

私のような端くれカジュアルにも「どこの国から来たの?」とか「そのパン美味しいよねー」とかフレンドリーに話しかけてくれて、なんかもうそれだけでその先生が天使に見えちゃう。

自分も将来シニアスタッフになった時同じことをしてあげよう。

 

今日イチ子どもたちテンション高くなったんじゃね?って思った曲。

www.youtube.com

この曲を聞いた子どもたち、めちゃくちゃはしゃぎながらシャークダンスを踊ってました。

この曲、実習先のセンターでも歌ってた気がする。

歌&ダンス好きな子どもにとってはイチオシの曲です。(多分)

 

 

 

明日はレストランの仕事、木金はチャイルドケア、そして土日はまたまたレストラン。

体調管理を万全にせねば!

 

 

 

 

*最後にぽちっと押してくださるとブログ更新の励みになります。

にほんブログ村 海外生活ブログ シドニー情報へ